FC2ブログ
11.05
Mon
 おめでとうございます!

 とりあえず地上波放送を観たのと、プロトコルだけを参照しながらこれを書いているのだが、世界初4T3Aも決まってよかった。いや、加点がついてないから、羽生くん本人の中では「決まった」ことになってないかもしれないが、何はともあれプロトコル上はしっかり認定されている。めでたい。
 4Loと4T刺さってるし、ステップもレベル4とれてないしということでまだ伸ばせる点はあるわけだが、それでも今季最高を叩き出すだけの底力はやっぱり凄い。これで完成度がもっとあがってくればPCSも9点台の後半が出てくるだろうし、そうなったら凄いスコアになるなあ、なんて今後にどんどん期待がふくらむ。
 それにしても、ジャンプが一本減って時間が30秒短くなったのって、最初聞いたとき素人頭では「楽になったのでは」って思ってしまっていたのだが、かえっていろいろ余裕がなくなってきついのだなあ、と、今日の羽生くんの演技後のきつそうな感じを見てあらためて実感した。でもこれからまた練習を積んで試合経験も積んできっと感覚を掴んでゆけるだろう。
 そして、グランプリシリーズ参戦9季目にして初めて初戦制覇。本当によかった。
 次戦ロシア大会が楽しみだ。しかし私はフリーの日が日帰り出張とかぶっているので録画で翌日以降観るしかない。くっ。

 ブレジナさん二位おめでとう。ファイナル確定したのでは、と思うがどうか。ジュンファンくんも二週連戦で三位おめでとう。刑事くん次戦がんばれ。

 女子ザギトワちゃん貫禄の勝利。花織ちゃんフリーでよく巻き返した。優奈ちゃんもよくまとめたと思う。理華ちゃんもフリーで順位を上げることができてよかった。

*******

 ところで、試合とは別に印象に残ったのは、羽生くんの6分間練習前の熱唱ぶり。歌っているのがカメラに捉えられること自体はこれまでもよくあったけれど、今日の熱唱ぶりは特に気合入っていた気がする。いわゆる「勝負曲」なんだろうなあ。誰の何という曲なのか、以前やったみたいにまた何かのテレビ番組で解析してくれないだろうか。

スポンサーサイト

comment 8 trackback 0
トラックバックURL
http://yuzurujimigatari.blog.fc2.com/tb.php/331-6e99d45f
トラックバック
コメント
羽生君、グランプリシリーズ初戦優勝おめでとう!
この時期にショートとフリーでコケもヌケも無しってだけで凄いですよ。
ショートを勝てるプロに変えて来たなと(笑)
フリーは勝てるプロですもの、完成度上げたらもの凄いことになります。
エキシも綺麗だった〜。うっとり〜。

エア熱唱激しかったですね(苦笑)
ファンは見慣れてますが、知らない人が見たらびっくりするよね、あれ(笑)
Rhythmic Toy Worldの『僕の声』だとか。アニメ『弱虫ペダル』ですね。
羽生君らしい選曲ですね。
なでしこ | 2018.11.05 11:28 | 編集
なでしこさま
いやーめでたいですね。
たしかに、この時期にコケも抜けもないというのは凄いことですよね。
ショート、かなり変えましたね。やっぱり「勝たなければ意味がない」のでしょうね。

多忙な時期に突入してまして、エキシの映像まだ観てません。
エア熱唱の曲が特定されたのは知ってますがまだ聴いてません。
多忙な時期を抜けた時の楽しみにしています。
『チーム・ブライアン』の新刊もまだ封印中です。
えのき | 2018.11.05 23:08 | 編集
羽生くん、おめでとう㊗️
やはり試合となるとドキドキするし、力が入ってしまいますよね。ただ、平昌の時のように見れない!ということはなく、応援の気?を送りながら見ました。あとは何度も何度も録画などを見まくってました。美しくてー強くてーいいですよね。羽生くん自身が満足してないのは分かりますが、それは完成した作品を希求する最高のアスリート、アーティスト、ということ。嬉しいし、ずっとそのようでいて欲しい、と思いました。
エア熱唱はちょっと肩に力が入り過ぎでは、と思いましたが、尊敬するプル様に捧げる、というので意気込みは尋常ではなかったのてしょうね。
プレッシャーに弱い自分も大事な場面の直前にエア歌やってみようかな。
ルピナス | 2018.11.05 23:13 | 編集
あくまで私個人の感想ですが、ショートは作品としてはオータムクラシックで披露したプログラムの方が良かったと思います。
世界観が見事に表現されていたと思うし、今までとは違う羽生君を見せてもらった感じでした。
でも「勝たなきゃ意味ないんで」という、通常運転に戻った今回のプログラムも好きですよ。ファンは羽生君の選択を支持するのみです(笑)

アップの時に聴くのはもっぱらJポップのようですが、歌詞がポイントなんでしょうね。
『完全感覚Dreamer』の歌詞も(もろ、羽生君じゃん!)と思いましたが、『僕の声』もまさに(笑)
私位の世代にはなんともストレート過ぎて照れくさいというか、ちょっとダサい(失礼!)歌詞なんですが(笑)
若い人達は斜に構えたりせずに、実に素直なんだなあと思いました。
ちなみに『完全感覚Dreamer』は羽生君のエア熱唱の影響で、私もカラオケで歌うようになりました(笑)
なでしこ | 2018.11.06 14:06 | 編集
ルピナスさま
試合をもう何度も経験しているはずなのに、なんだかやっぱりどきどきしますね。
羽生くんが「勝利」と「完成」の両方を求めている気持ち、アスリートでありアーティストであるということ、それを実感できて嬉しいです。
私はちょっと忙しくしててまだ今回の演技をほとんど観返していません。羽生くんが満足する出来ではないとしても、一定レベル以上の美しさは多分十分にあったのではないかと思いますが。

エア熱唱、凄かったですね(^^。私は衆人環視(?)の中であれだけエア熱唱できる度胸はありません(^^;。でもそのくらい出来る人だからあそこまでのアスリートになれたのでしょうね。
えのき | 2018.11.07 23:06 | 編集
なでしこさま
私はちょっと忙しくしてて、まだ今回の演技を「作品」として味わうほど観返せてないのですが、ショートは作品としてはオータムの方が、というのはわかる気がいたします。私がちょっと思い出せるだけでも、私が好きだったあの部分がなくなった、というのはいくつかありますから。
でも何にせよ「勝たなきゃ意味ない」という方向に舵を切ったということで、それはそれとして受けとめています。その方が「競技者羽生結弦」らしいですしね。

『僕の声』歌詞だけざっと読んでみました。私にとってはちょっとストレート過ぎるかなという内容ですが、羽生くんの心にマッチするのだろうなというのは何となくわかるような……。
私は羽生くんの影響でレパートリー(カラオケよりはもっぱらお風呂などの鼻歌ですが)に入れたのは指田フミヤさんの曲です。
えのき | 2018.11.07 23:15 | 編集
そうですね、そういえばバラードの時も衣装もプログラムも最初の方が好みだった、というのはありますね。確かえのき様も言ってらしたような。でも勝つ為に金の帯にし、てんこ盛りのプログラムに変え、実際に勝利した。
試合と芸術は多少ズレますよね。だからいずれのショーの時にでも見せてもらいたいな。
それとあのエア熱唱、あの時、体調も精神的にも良くなかった、と後で聞きました。羽生くんだっていつもオールマイティーな訳はない。それが「僕の声」の熱唱だったんですね。
ルピナス | 2018.11.10 10:49 | 編集
ルピナスさま
バラード第一番は、たしかに一番最初のが、衣装も好きだし、プログラムの流れという点ではよかったような気がします。とはいえ、どんどん盛り込んでいった後期のバラード第一番はそれはそれで凄味のある美しさがありました。
勝負と完成度、両立しないものだとは思わないですし羽生くんも両立を目指していると思うのですが、競技者であるからにはやはり軸足は勝負にあるのかと思います。
エア熱唱にそんな事情があったんですね。
えのき | 2018.11.11 12:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top