FC2ブログ
07.07
Sat
 豪雨お見舞い申し上げます。昨日は私の住んでいる地域も特別警報など出ておりましたがうちのあたりは全く無事でした。
 被害が少ないことを祈ります。

*******

 以前「妄想『羽生結弦公式ブック』」という記事を書いて、写真だのロングインタヴューだの対談だの記録類だのみっちりつまった本人公式本が出たらいいのに、みたいな話をした。最近それとは別に『羽生結弦全発言集』というのが出たらいいなあと思っている。『公式ブック』は写真だの図表だのも載せるけれど『全発言集』は基本的にひたすら文字ばかりの本。とにかく、なんらかの公の場で本人が発した言葉を全て網羅した本にしたいのである。各種会見はもちろん、テレビ局や雑誌からのインタヴュー、各種CMやキャンペーンなどに際しての発言、などなど、表だって行われた発言の全てをあますところなく収録するのだ。もちろん、野村萬斎さんや松田華音さんとの対談もしっかりと。そしてどの発言もどういうソースでどういう状況で発されたものかをきちんと併記しておく。「○○年○月○日△△試合後の●●局によるインタヴュー」「○○年○月○日刊行●●誌によるインタヴュー」とかいう感じで。そしてもちろん本人公認の本にしてもらう。
 あるいくつかの会見だけなら網羅したメディアはすでにあるわけだが、私の思う妄想本はとにかく「公にされた発言全て」を網羅したものである。一冊にまとめると分厚くなりすぎそうだからシーズンごとに分冊でもいいだろう。
 電子版も作って欲しい。そしてたとえば「○○という言葉が出てくる発言は」とかいうふうに検索できるような機能をつけるのだ。
 もっとも、本当にこれをやろうと思ったら、競合関係にある各種メディアの情報を統合しないといけないわけである。だから実質実現不可能だろうけれど。
 でも、そういう本が出来たらいいな、と思うくらい、羽生くんの発言というのは何かと魅力的で聞き応えがあって、こちらが学べることも多いのだ。『語録』もいいけれど、その発言がどういう文脈で出たものかより具体的にわかった方がより深く味わえたりもすると思うので、そういう意味で『全発言集』が欲しいと思ってしまうのだ。
 私はかつて「羽生砂漠の蜃気楼-「羽生結弦学」という学問を創始したい」という記事も書いたけれど、もし「羽生結弦学」という学問が創始されたなら、この『全発言集』は非常に貴重な資料価値があることになる。
 と、妄想はとどまるところを知らないのだが、仮に実現したらある程度は売れると思うのだが『羽生結弦全発言集』(本人公認)は。そして仮に実現したら、私は電子版も紙媒体版も両方入手して、電子版は、たとえばブログ記事を書く際に「あの発言いつのどの媒体だったっけ」みたいな調べ物に活用し、紙媒体版は枕元にでも置いて、毎晩寝る前に少しずつ読み進めるのだ。とりあえず、妄想だけでも、ちょっと楽しい。

 というか、いろんなメディアにいろんな発言があって、それを自力で全部把握するのが面倒だから網羅したものがあったらいいな、というものぐさが発想の原点なんだけれども。

*******

 七夕。今年もエア短冊に「羽生結弦くんの健康と幸福と活躍」「世界平和」と書いておこう。

スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://yuzurujimigatari.blog.fc2.com/tb.php/296-e08cca2b
トラックバック
コメント
えのきさん、こんにちわ。
お久しぶりです。
大雨の被害が大変ですね。えのきさんの方は大丈夫という事で良かったです。早くおさまってくれるよう祈りばかりですね・・。

五輪からずっと続いたショーなども一段落で、羽生くんには少しゆっくりしてもらいたいですが、彼の事ですからもう次に向かっているのかもしれませんね。
23才にして羽生くんがどんどん極まってきていて、これからどうなっていくのだろうと少し畏怖の念すら感じ始めています・・。

『羽生結弦全発言集』(本人公認)は出版を望んでいる人いるでしょうね。でももし出たら羽生くん本人が一番先に買う様な気もしませんか・・?ちょっとオタク気質の羽生くんですから、こういうものには目が無いような気もします。
羽生砂漠の蜃気楼-「羽生結弦学」良いですね。
私は羽生結弦研究所があったら末端でいいので研究員になりたいです。後、かねがね羽生君に一番興味持つべきなのは実は人類学者とか心理学者とかそういう人たちなのじゃないかとも少し思ってたりします。・・また変なコメントになってしまいすみません。
chic | 2018.07.09 14:26 | 編集
chicさま
こんにちは。
この記事をアップした時点で大雨被害のことについてあまり把握していなかったのですが、思っていた以上にひどいことになっていて、早く事態が収束して欲しいと祈るばかりです。

羽生くんは今ごろどう過ごしているのでしょうね。試合の時期に向けて鋭気を養っているのでしょうね。
たしかに、これからどうなってゆくのか、畏怖の念に似たものがあります……。

『全発言集』本人が買う、ありそうですね!(実際には出版社から献本されるでしょうが)確かに、自分の過去の発言とかを見直すって云ってましたもんね。電子版の検索機能とかをフル活用してくれそうな気もします。

羽生結弦研究所、私もあったら入りたいです。
確かに、人類学者や心理学者は羽生くんに興味を持つべきだと思います!実際に持っている方もいらっしゃるかもしれませんね。それ以外にも哲学者とか、とにかく「人間のありよう」を模索する分野の方々にはぜひ興味を持って研究して欲しいです。そしてその研究成果を(プライヴェートなことにさしさわりのない範囲で)一般にも共有して欲しいです。
えのき | 2018.07.09 17:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top