FC2ブログ
07.03
Tue
 一日遅れですが、あらためて、おめでとうございます。

 いや、しかし「そうきたか」とぶっとんだ。記念品辞退。私は「はたして羽生くんは記念品に何をもらうのかな?」と単純にわくわくしていたので「記念品を辞退」なんてことがあるなんてこれっぽっちも想像していなかった。実際に記念品を辞退したなんて人はこれまでいなかったらしいし。しかし記念品辞退の理由が「みなさまあっての賞で、自分という個人を表に出したくないから」ってなんだか凄すぎだ。無邪気に「○○が欲しいです」って云っちゃってもいいのよ、と私なんかは思うのだが、でもものすごく羽生くんらしいなあと思う。というか、今回の受賞に関しては、とにかく羽生くんの言葉の全てに、羽生くんという人間の出来すぎ具合がこれでもかこれでもかと詰まっている!
 ああ、やっぱりそういうことを云うんだなあ、と切なくなったのは「私生活も含めて後ろ指を指されないように云々」というあたり。賞をもらうこと自体は「みなさんのおかげ、自分の『個』は出さない」という姿勢なのに、賞に恥じないような人間にならねば、というところは『個』で引き受けてしまうのね、と。今までだって羽生くんは十分過ぎるほど模範になるような生き方をしてきたし、賞をもらったからってあらためて「普通ではいけないというけじめ」なんて考える必要ないのに、と思ってしまう。記念品をもらわないかわりに、私があげられるものなら「そういうけじめとかなんとかを一切考えずにのびのび過ごせる時空間を欲しい分だけ」を差し上げたいよ、と思ってしまった。まあ、そういう生真面目なところがあるからこそ、ここまでの人になれたんだろうけれど……。
 しかし何はともあれ、そういう私生活面も含めて、国民栄誉賞というものがどういうものか、それが自分や周囲の今後にどういう意味を持つかなどいろいろ深く考えて覚悟して受け取ったのだろう。だから、いちファンとしてはただその姿を見守り、なおいっそうの応援に励むのみ、とこちらもある意味覚悟を決めねばなるまい。この賞が羽生くんが望むように多くの人の励ましになり、羽生くん自身の行く手も照らすものになりますように。

 羽織袴姿も凜々しく。「仙台平の袴」については、以前こちらの記事の最後の方で少し触れたが、今回の羽生くんの袴は、仙台平の人間国宝の職人さんの方から着ていただきたいと申し出があったそうで。さすが羽生くんというか、確かに、私が仮に職人で、いいものを作っているという自負があったなら「自分の作ったものを羽生くんにぜひ使ってもらいたい」となるだろうなあ。

スポンサーサイト

comment 6 trackback 0
トラックバックURL
http://yuzurujimigatari.blog.fc2.com/tb.php/295-c137a9ee
トラックバック
コメント
授賞式と会見のもようはネットのライブ配信で観てました。
凛々しいそのお姿にもう大興奮。日本男子の第一礼装ですよー。
紺の羽織姿は成人の時、紅白の審査員の時、仙台のあちこちで見ましたが、
黒紋付だと威厳が出ますね。ぐっと大人っぽく男らしい。
絽ですよ。7月8月しか着れませんよ。
この日の為に誂えるという、受賞する側も最高の礼を尽くその姿勢。
自分だけで取れたのではないからと記念品を辞退する謙虚さ。
全てにおいて斜め上を行く出来過ぎぶり。本当に恐れ入りました。

「普通ではいけない」には私も胸が痛くなりました。
でも羽生君が背負うと決めたこと。余計なことは言いますまい。

なんかね、一個人ではなくて「羽生結弦という存在」になってしまいましたね。
大変畏れ多いことですが、皇室の方々と同じような存在。
彼にとって幸せなことなのか果たして。。いや、余計なことは言いますまい。
なでしこ | 2018.07.03 20:33 | 編集
えのき様、なでしこ様
私も大体お二人の考えと同じです。
その前に、国民栄誉賞が決定した時も言いましたが、あの凛々しい仙台平の和正装で現れた羽生くんに再度「おめでとう」を言いたいです。
記念品を辞めたこともまことに良い判断。決定するまでにつまらない意見も耳にしましたが、そういう事を言う人も少数でもいることは事実。誤解を解くというか釘をさす事にもなったと思います。羽生くんらしい素晴らしい考え方だと思ってます。

でも、そう、賞に恥じないような人間になるーは個人で引き受けるーー。
「羽生結弦という存在」になる、ということはどんな存在をイメージしてるのかなー、と想像する。私は特殊な存在でなくていいと思ってる、もうすでに、そうなっている。むしろ、普通の人間、生活をして欲しい。今迄捨ててきたものを拾って好きなように。真面目な羽生くんの範疇にないような反社会的な事だけがしてはいけない事。
賞は今までよく頑張った、よく社会に尽くしてくれた、とその過去の功績を称えて贈られたもの。未来を束縛するものではないと思う。
肩を張らずに、一度背負ったリュックサックを下ろして、ご家族と旅したり、いやいや、まだ色々な面白い世界があるー、一息したら、それが又選手としのこれからの演技の肥やしになるかもしれない。それがファンを含む皆の望むところなのだ。もう思いっきり、選手、試合を楽しんで欲しい。自由に楽しんで作品を、羽生くんらしい演技を作り上げていって欲しい。
ルピナス | 2018.07.04 14:30 | 編集
なでしこさま
紺のも素敵でしたが、黒はまたぐっと雰囲気が出ますよね。そうそう、絽なんですってね。夏にしか着られないものをわざわざ誂えたのですね。

本当に、羽生くんが立派な人過ぎて、いや立派な人だったことは前から同じなのでしょうが、肩書き?がいろいろ増えて、遠い存在になってしまった感覚ってありますね。
でも遠い遠い存在でも、同じ人間だから地続きのところにいる……と思いたい心もあります。

羽生くんが羽生くんの幸せを感じられるように祈るばかりですね。
えのき | 2018.07.04 22:33 | 編集
ルピナスさま
記念品を辞退したことに関しては「確かに、何をもらっても誰かが何かツッコミを入れるだろうな」ということを思いました。だから辞退したというわけではないと思いますが、辞退したことによってそういうツッコミを入れられる可能性もばっさり削除できてよかったなあと思ったりもしました。

そうなんですよね、羽生くんはほっといたっていわゆる悪いことはしないと思うし、だからそれ以外はできるだけのびのびと、自由に、幸福に過ごして欲しいと願ってしまいますよね。
ルピナスさまのおっしゃるように、いろいろな世界に触れてみてほしいとも思います。きっと羽生くんはすごい吸収力があるので、得るものも大きそうです。それがまたスケートに還元されて……という循環を、見てみたいですね。萬斎さんとの対談で得たものがその後のスケートに活きたように。
えのき | 2018.07.04 22:39 | 編集
えのき様

羽生君のあの第一礼装…袴は人間国宝様よりの仙台平しかも絽のお召し物(*'▽'*)……そして記念品の辞退(´ー`)…「みなさまのおかげ……」の言葉。

もう…若すぎるだのなんだの言ってた反対派?を黙らせた!と思うし…
私みたいな…総理の人気取りの道具なんて歪んだ考えの持ち主も黙らせた^_^;
私以前にもらえるものはもらって肩書として有効活用してほしいというようなコメント…こちらでしたような?

なんだかね。『羽生結弦という存在』が…礼を尽くして受賞した事によって
『国民栄誉賞』の価値が上がったように思うのは私だけ?
しかも授与する人よりも受賞する人の方が気品があるってどゆこと(*'▽'*)

『一つの存在として…』の言葉は…象徴としての存在の方の様に思えて…近寄りがたい⇦元々近寄れない存在ではありますが………ますます遠い存在になってしまわれたようで(´・_・`)

でも…まだまだCwWの時みたいに「エヘヘ……」と甘やかな声で語ったり………わーわーきゃーきゃーゆわすんだろうなぁ~プー耳付けたり……また『レックレ』みたいなワルい顔で煽りまくるプログラム観たいなぁ~🎵🎵🎵^_^;4Aも見せてくれるの楽しみ🎵🎵🎵
ハリネズミ | 2018.07.05 17:53 | 編集
ハリネズミさま
「総理の人気取りの道具」いわゆる政治利用は私も(もちろん(笑))考えました。でも、あげる側の思惑がどういうところにあろうと、受け取る羽生くん側は、自分の文脈での国民栄誉賞の意味や意義をちゃんと深く考えて、みごとな受け取り方をしました。
その結果「国民栄誉賞」の価値が、確かにあがった感じがしましたね、私も。
羽生くん、あっぱれです。

そうですね、羽生くんがますます「象徴」的な遠い存在になる……そういう感覚はありますね。
でも一方ではやんちゃでお茶目な面も見せる23歳男子でいつづけてくれると思っています。
そういう二重性もまた魅力かも。
えのき | 2018.07.06 20:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top