FC2ブログ
11.13
Tue
 前の記事で、羽生くんの試合での演技を最初に観るときはジャンプの成否に集中してしまって演技全体を味わうところまでいかないような話を書いたのだが、もう一つ、羽生くんの試合演技を最初に観ているときに私に起こる現象がある。いつもではないが、音楽が妙に自分の思っていたのよりゆっくり聞こえるのである。あれ、この音楽こんなにのろいテンポだったっけ?と思う。音響機器がおかしくなったのではないかと思ったりなんかもする。しかし同じ演技を後から再び観るときはそんなことなかったりするわけである。あと、初見のときでも、結果をあらかじめ知ってから観ている場合には起こらない。ちなみにこないだのフィンランド大会の羽生くんフリーの時も「音楽が遅いような気がする」と思った。ついでに云うと、他の人の演技でそう感じた記憶はない。
 この現象についてちょっと気になったのでネットでざっくり調べてみた。どうやら「心拍数が上がっていると音楽を遅く感じる」ということらしい。心拍数が上がる、つまり自分の中のテンポが速くなっていると、相対的に他のもののテンポを遅く感じるのだということのようだ。なんだかすごく納得した。ちなみに、このことをネットで調べているうちになぜか西川貴教さんの公式ツイッタに出くわしたりもした。
---------
心拍数の問題ですかね。逆に運動などで心拍数が上がった状態だと普段より遅く感じると思います。カラオケなどでハシる人は緊張で心拍数が上がってるんです。
---------
 要するに「羽生くんの試合演技を最初に観るときは私の心拍数は緊張のあまり音楽がゆっくり感じてしまうくらい上がっている」ということなのだな。
 ところで、試合をしている羽生くん本人も、緊張もあるかもしれないが、激しい運動をしているのだから心拍数はかなり上がっているはずである。つまり、試合の最中の羽生くんの音楽のテンポの感じ方と、私の感じ方とはひょっとしたら近い可能性がある。そう考えると私の心拍数アップもなんだか楽しめるかも(?)。
 ロシア大会でもどきどきしたい。でもフリーの日に日帰り出張が入っているので、ショートプログラムの日はどきどきできるけれどもテレビ放送終わったら翌日の早起きに備えて余韻を楽しむ余裕もなく寝なくてはならないし、フリーの日は帰ってくるのが夜遅くなのでテレビを観ながらどきどきできない。でも試合の時間帯はできれば一生懸命念を送りたいとは思っている。


スポンサーサイト
comment 1 trackback 0
11.11
Sun
 私は小心者なので、試合の映像を初めて観る時点ではやっぱり「ジャンプがうまくいくかどうか」ということをものすごく気にして観る。だから「一つの作品としてどうか」なんてことまでは気が回らなかったりするのである。で、フィンランド大会が終わった後何かとばたばたしていたのだが、今日ようやく試合の映像をあらためて観返した。
 「オータムクラシック時点からいろいろ変わっているなあ」というのは気づいてはいたのだが、あらためて観るとかなり変わっているのだな。競技的に見るとショートプログラムで4T3Tが後半に入ったこと、フリーのジャンプ構成がかなり変わったこと、が大きな変化なのはもちろんだが、細かいところもいろいろ変わっている。
 というか私がオータムクラシックの演技を振り返って書いた「「秋によせて」の演技について」と「「Origin」の演技について」という二本の記事の中で「ここが好き」と挙げたポイントがかなりなくなっている。しくしく。タケノコジャンプはどこにもなくなっているし(セカンド3Tにタケノコをつけてくれというのは酷ですか)、ショートにもフリーにもスピンにレイバック姿勢はなくなってるし、ショートでイーグルで横にすーっと滑ってゆくのが孤を描く形に変わってるし、シットスピンの前のキラキラクルクルもなくなってしまったし、フリーではシットツイズルが消えたし、ステップ最後の身体をそらすところが今回はあまり強調されてなかったし、締めのポーズもオータムの時のように片手は氷についてぐっと身体をそらして上を見あげる方がいいと思うんだけどなあ。
 とはいえ、もちろん羽生くんは「私好みのプログラムをやるため」にやっているんじゃなくて「勝たなきゃ意味ないんで」という方針でプログラムを構成し直したのだからそれはそれでいいのである。オータムクラシックで私の好きだった要素が消えたからといって羽生くんのプログラムが見応えのないものになったかというと決してそんなことはないし、実際に点数もぐんと上がっているし。
 これからも振付のマイナーチェンジはあり得るかな、と思う。その時々でどうプログラムが成長してゆくかをまたあらためて楽しみに観てゆきたいと思う。
 あ、ショートプログラムで手袋をするようになったのはいいと思う。手の繊細な動きがより際立つ感じで。衣装の身頃に青の濃淡で模様が入ったのも深みが出ていいと思う。

*******

 NHK杯、男子は全体に大遭難大会だった感じだけれどその中で宇野くんはミスがありつつも 貫禄勝ちといったところだろうか。31歳で気を吐くヴォロノフさん素敵。リッツォくん表彰台おめでとう。
 怪我で苦しんだ山本草太くんがグランプリシリーズ初参戦。四回転をまだ装備できない状況で6位はすごいと思う。佐藤くんも昨年より順位があがってよかった。
 女子の上位は見応えがあった。梨花ちゃんすごい!3A3Tと3A単独両方綺麗に決まって、全体の演技としてもすごくよかった。グランプリシリーズ初参戦で優勝というのは日本人初の快挙とか。ブラボー。知子ちゃんも舞依ちゃんもよかった。トゥクタミシェワ姐さんもやっぱりすごいなあ。


comment 4 trackback 0
11.05
Mon
 おめでとうございます!

 とりあえず地上波放送を観たのと、プロトコルだけを参照しながらこれを書いているのだが、世界初4T3Aも決まってよかった。いや、加点がついてないから、羽生くん本人の中では「決まった」ことになってないかもしれないが、何はともあれプロトコル上はしっかり認定されている。めでたい。
 4Loと4T刺さってるし、ステップもレベル4とれてないしということでまだ伸ばせる点はあるわけだが、それでも今季最高を叩き出すだけの底力はやっぱり凄い。これで完成度がもっとあがってくればPCSも9点台の後半が出てくるだろうし、そうなったら凄いスコアになるなあ、なんて今後にどんどん期待がふくらむ。
 それにしても、ジャンプが一本減って時間が30秒短くなったのって、最初聞いたとき素人頭では「楽になったのでは」って思ってしまっていたのだが、かえっていろいろ余裕がなくなってきついのだなあ、と、今日の羽生くんの演技後のきつそうな感じを見てあらためて実感した。でもこれからまた練習を積んで試合経験も積んできっと感覚を掴んでゆけるだろう。
 そして、グランプリシリーズ参戦9季目にして初めて初戦制覇。本当によかった。
 次戦ロシア大会が楽しみだ。しかし私はフリーの日が日帰り出張とかぶっているので録画で翌日以降観るしかない。くっ。

 ブレジナさん二位おめでとう。ファイナル確定したのでは、と思うがどうか。ジュンファンくんも二週連戦で三位おめでとう。刑事くん次戦がんばれ。

 女子ザギトワちゃん貫禄の勝利。花織ちゃんフリーでよく巻き返した。優奈ちゃんもよくまとめたと思う。理華ちゃんもフリーで順位を上げることができてよかった。

*******

 ところで、試合とは別に印象に残ったのは、羽生くんの6分間練習前の熱唱ぶり。歌っているのがカメラに捉えられること自体はこれまでもよくあったけれど、今日の熱唱ぶりは特に気合入っていた気がする。いわゆる「勝負曲」なんだろうなあ。誰の何という曲なのか、以前やったみたいにまた何かのテレビ番組で解析してくれないだろうか。


comment 8 trackback 0
11.03
Sat
 演技が始まる前と演技中はものすごくどきどきしていたけれど、とりあえずほっとした。やっぱりこの「秋によせて」は美しいプログラムだなあ。
 オータムクラシックの時点から結構いろいろ変えてきたようで。やはり勝負師のハートに火がついたのだろうな。4T3Tの位置を後半ボーナスありのところに持ってきたのが一番大きい変更だろうが、それ以外にも細かいところもいろいろ変わっているようで。
 プロトコル見ると、やはり最初の4SのGOEが凄い。観ていて本当にみごとなジャンプだったし。3Aは対羽生くん比で見ると出来としてはいまひとつだったかもしれないが、プロトコルではそれなりに加点がついている。そして「着氷がオーバーターンしかかったのを振付のように見せた」(by織田氏)4T3Tもそこそこ加点をもらえていてよかった。スピンオールレベル4だしどれも美しかったしGOEもたくさんついている。ステップはレベルこそ取りこぼしているけれどGOEは見事。
 これで3Aと4T3Tの完成度が本来の羽生くんクオリティになって、ステップシークエンスもレベルをとれれば、さらなる得点の上積みが期待できるわけで、今後が楽しみだ。記録としてはリセットされているものの、昨季出したショートの世界最高点112.72を上回ることも十分あり得ると思う。
 さて、二位以下に大差がついたし「五輪二連覇しているのにグランプリシリーズ初戦は勝てない」という、なんとかの七不思議みたいな状況を明日のフリーでぜひ打破して欲しい。
 そしてしっかりプルシェンコ様の誕生日についてインタヴューで言及するあたり、さすがのトッププルオタぶり発揮であった。

 ブレジナさん見応えある演技だった。ジンくん最初の連続ジャンプこそ遭難したけれどカッコいいプログラムで表現力も増してきたと思う。ジュンファンくんもちょっと刺さっているけれど明日も期待。コリヤダくんジャンプが一つ星になってしまったけれどうまくいった要素のGOEはすごいのでまとめてくると怖い存在だな。刑事くん4Sさえはまれば。明日のフリーに期待。ビシェンコさんも今は本調子じゃないらしいけれど頑張って欲しい。

 女子についてもちょっと。ザギトワちゃんジャンプミスがありつつ他の要素が凄くて首位発進はさすが。優奈ちゃんよかった。明日ものびのび滑ってくれれば。花織ちゃん三週連続試合ということで疲れが出たのでなければいいけれど。まだフリー上位へと巻き返しがきくと思うので明日に期待。理華ちゃんジャンプは刺さってたり転倒があったりだけれど理華ちゃんらしいダイナミックな動きは健在だと思った。明日も頑張って欲しい。


comment 0 trackback 0
11.01
Thu
 羽生くん現地入りとか滑走順抽選があったとか公式練習だとかの情報が入ってきて、なんだかどきどきしてきた。
 羽生くんの予定プログラム構成。
1528112422_168.jpg
 ショートの4T3Tは、後半ボーナスもらえる位置にずらしているのだろうか。3Tはタケノコになるのだろうか。
 フリーは、後半ボーナスの部分にコンビネーション(シークエンス)全部詰め込んできたリカバリの効かない攻めの構成だなと。4T3Aが試合初無事成功しますように。かつて福岡のファンタジーオンアイスのフィナーレで4T3A3A3A1Aを目の前で拝んだ人間としてはとても期待している。もちろん試合プログラムの中で跳ぶのは感覚がいろいろ違うだろうけれど。3F3Tというのも新鮮だな。3Tはタケノコになるのだろうか。
 何はともあれ、羽生くんのグランプリシリーズ初戦初制覇を!祈願!
 ということで羽生くんのフィンランドでの戦績をここで振り返っておこう。
・2004年 タンペレ国際フィギュアスケート競技会(ノービスA)優勝
・2012年 フィンランディア杯優勝
・2013年 フィンランディア杯優勝
・2017年 世界選手権優勝(フリーで世界最高記録樹立)
 うん。きっと羽生くんはフィンランドの精霊に愛されていると思う。そんなことを思ってみたりする試合二日前の夜。


comment 2 trackback 0
back-to-top